キミエホワイトプラスにジェネリックなどの類似品はある?

      2016/08/22

キミエホワイトプラスにジェネリックはあるの?

キミエホワイトプラスを服用するに当たり、ジェネリックなどの類似品が出回っているのではないかと不安を抱えている方はいます。

キミエホワイトプラスにジェネリックなどの類似品はある?

ジェネリック医薬品とは後発医薬品のことを指し、新薬の特許期間が満了してから別のメーカーが同じ有効成分や効き目で開発する別の薬のことです。

欧米では日本とは違ってジェネリック医薬品が浸透しており、新薬と同じ成分でも製造している場所が異なるので類似品と説明するのが正しいでしょう。

しかし、キミエホワイトプラスのジェネリックは製造されていませんし、公式ホームページで取り扱っているのは全て正規品なので安心してください。

そもそも、キミエホワイトプラスは他のシミやそばかすを消す医薬品とは異なり、販売されている場所が限られています。

  • マツモトキヨシなどの実店舗
  • ディスカウントショップ
  • Amazonなどの通販サイト
  • 個人輸入代行業者

これらの販売店では取り扱っておらず、富山常備薬モバイルサイトからしか購入できないのが特徴です。

そのため、ジェネリック医薬品に関しては一切出回っていませんし、効果と効能がしっかりと認められているので安全に服用できます。

医師の処方箋がなくても入手可能な一般用医薬品(OTC薬)の中でも最も安全性のランクが高い第三類医薬品なのが証拠で、重篤な副作用なく身体の内側からシミやそばかすなど老化を促す症状を回復できるのです。

毎日のスキンケアだけでは限界があるので、医薬品有効成分のL-システインが含まれたキミエホワイトプラスを飲んでみてください。

ジェネリック医薬品にメリットはある?

キミエホワイトプラスは正規品しか出回っておらず、ジェネリック医薬品を間違えて飲む心配はありません。

その他の医薬品に関しては正規品とは別のジェネリック医薬品がありますが、危険性の高い薬というわけではないのです。

以下では、ジェネリック医薬品にどのようなメリットがあるのかまとめてみました。

  • 新規に開発を行っていないので費用を抑えられ、そのお陰で私たちは格安の料金で薬を入手できる
  • 剤形を小さくしたり味を変えたりと少しでも飲みやすくする工夫をしている
  • 同じ有効成分を使っているので先発医薬品と効果や副作用に関しては原則的に一緒

安価で入手できるからこそジェネリック医薬品は注目を集めており、医師から勧められるケースもあります。

効能や副作用を把握せずに自己判断で服用するのは危険ですが、「先発医薬品=安全」「ジェネリック医薬品=危険」という考えは間違いです。

キミエホワイトプラスに類似品はある?

富山常備薬グループから製造されているキミエホワイトプラスには幾つかの類似品があります。

同じメーカーが作っているわけではありませんが、キミエホワイトプラスと似たような成分を使ってシミやそばかすを消すサポートをしてくれるのです。

どのような類似品が出回っているのか以下では幾つか挙げてみました。

  • アインファーマシーズの「ロスミンローヤル」
  • 水橋保寿堂の「シミトール」
  • エスエス製薬の「ハイチオールCプラス」
  • ヴィジョンステイトの「マスターホワイト」

「ロスミンローヤルは有効成分の種類が多い」「シミトールはコスパが良い」「ハイチオールCプラスは大手の安心感がある」「マスターホワイトはサプリメント」といったように、それぞれの医薬品には特徴があります。

1錠当たりの価格や配合されている成分には違いがあり、どれを飲んで肌トラブルへと対処すれば良いのか比較してみてください。

 - キミエホワイトプラスについて