失敗しないために!キミエホワイトプラスの正しい飲み方

      2016/08/22

失敗しないためにキミエホワイトプラスの正しい飲み方をチェックしよう

失敗しないために!キミエホワイトプラスの正しい飲み方

薬局や通販で販売されているサプリメントならば健康食品なので、多少は間違った飲み方をしても重篤な症状に繋がることはありません。

しかし、シミやそばかすを身体の内側から消すサポートをするキミエホワイトプラスは第3類医薬品に分類され、失敗しないためにも正しい飲み方を把握しておかなければならないのです。

そもそも、間違った飲み方を続けることでどんな失敗に繋がるのか以下ではまとめてみました。

  • 吐き気や嘔吐などの副作用のリスクが高まる
  • シミやそばかすの改善など本来の効果が得られにくくなる

体調に変調を来たす可能性があるので量を増やすのは特に危険で、作用が穏やかな医薬品でも副作用のリスクはあります。

そのため、キミエホワイトプラスの公式ホームページで推奨されている「1日に3粒」「1回で1錠」という用法と用量を守りましょう。

胃への刺激を抑えて保護するために食後の服用が良いと言われており、正しい飲み方で継続すれば効果を実感しやすくなるのです。

キミエホワイトプラスを過剰摂取するとどうなる?

キミエホワイトプラスにはアミノ酸の一種のL-システインやビタミンB群の一種のパントテン酸カルシウムが含まれていて、メラニンの沈着を防いだり新陳代謝を向上したりしてシミやそばかすを中心とする肌トラブルを防いでくれます。

しかし、身体に栄養素が行き渡って直ぐに変化が得られるわけではなく、28日間という肌の生まれ変わりのサイクルに従って改善していくので過剰摂取は避けなければなりません。

水性のビタミンは余分に取り入れても汗や尿として排出されるので危険な状態にはなりにくいものの、キミエホワイトプラスは医薬品なので適切な量を毎日続けるべきです。

  • お腹が緩くなって下痢っぽくなってしまった
  • 頭が痛くて頭痛薬に頼らざるを得なくなった
  • 食べ過ぎや飲み過ぎではないのに気持ち悪くなった

このような副作用で悩まされたケースはゼロではなく、アレルギー反応や過剰摂取が原因だと考えられます。

1日に3粒と決まっているキミエホワイトプラスの摂取量を2倍3倍に増やしても、シミやそばかすの改善スピードが比例して高くなるわけではありません。

早く効果を実感したいので1回の摂取量を増やしても大丈夫ですか? キミエホワイトプラスは医薬品なので用法と用量を守ってください

公式ホームページではこのようなQ&Aが記載されており、安全に飲み続けるためにも摂取量の目安を絶対に守ってください。

キミエホワイトプラスと飲み合わせの悪い薬はある?

キミエホワイトプラスを続けるに当たり、他の薬との飲み合わせを気にしている方はいます。

絶対に飲み合わせてはいけない併用禁忌薬は特に設定されておらず、キミエホワイトプラスの公式ホームページでは表記されていませんでした。

しかし、別々の内服薬を自分勝手な判断で服用し、お互いに作用して得られる効果が下がったり副作用の症状が悪化したりというケースは十分に考えられます。

他の薬との飲み合わせで異常反応が出ないとは言い切れず、既に何かの治療で別の内服薬を飲んでいるのならばかかりつけの医師へと相談しましょう。

「風邪薬や頭痛薬は作用が穏やかだから大丈夫」という考えは危険ですし、副作用のリスクを抑えるためにも正しい判断を下せる専門医に従った方が良い理由はお分かり頂けるはずです。

また、キミエホワイトプラスと併用して良いと医師から承諾を得たとしても、2種類の内服薬を同時に服用すると胃への負担が大きくなるのでなるべく時間帯をずらしましょう。

キミエホワイトプラスに年齢制限はある?

サプリメントは健康食品なので原則的に年齢制限はなく、10代でも60代でも栄養素の補給を目的として手軽に摂取できます。

一方で、キミエホワイトプラスは第3類医薬品に分類され、15歳未満は服用してはいけないと公式ホームページで記載されていました。

15歳以上の成人がシミやそばかす、全身倦怠感といった症状を回復させるために飲む医薬品で、誰でも飲めるというわけではないのです。

この点に関してはキミエホワイトプラスだけではなく、他の医薬品にも該当します。

年齢によって1日や1回当たりの服用量に違いがある医薬品も多いですし、頭痛薬や風邪薬といった市販薬でも服用する前に説明書やパッケージを良くチェックしておいてください。

生理中にキミエホワイトプラスは服用できる?

月経のある女性の70%~80%は何かしらの不快な症状が出ると言われており、毎月の生理で憂鬱になる方は少なくありません。

生理痛や倦怠感、食欲不振やイライラ感など女性によって違いがあります。

この生理中にキミエホワイトプラスを服用できるのか気になるところですが、「飲んではいけない」とは公式サイトで記載されていませんでした。

薬と言っても第三類医薬品なので効果は穏やかですし、副作用のリスクは低くなっています。

キミエホワイトプラスの服用で生理中に引き起こされる不快な症状の悪化には繋がりにくいので、安心して飲んでシミやそばかすを対処していきましょう。

妊娠中や授乳中にできるシミの原因

妊娠中や授乳中は肌へとシミが形成されやすく、その理由を以下では簡単にまとめてみました。

  • 妊娠中は女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンのバランスが崩れやすい(妊娠性肝斑)
  • 妊娠中はメラノサイトを活性化させてメラニン色素を沈着させるプロゲステロンの分泌量が増える
  • 授乳中は肌の老化の原因となる活性酸素を抑えるエストロゲンの分泌量が低下する
  • 産後は子育てで忙しく、洗顔や保湿対策など毎日のスキンケアを怠りやすい

このような原因でシミが多くなり、妊娠性肝斑は一過性の症状なのでホルモンバランスが整えば自然と解消されていきます。

しかし、油断していると妊娠中や授乳中に形成されたシミやそばかすが消えず、ずっと肌へと残るケースがあるので注意しなければなりません。

妊娠中や授乳中にキミエホワイトプラスを服用できる?

失敗しないために!キミエホワイトプラスの正しい飲み方

妊娠中や授乳中はシミで悩まされやすいということで、キミエホワイトプラスを服用しようと考えている女性はいます。

ホルモンバランスの乱れによるシミにも、キミエホワイトプラスに含まれているL-システインやパントテン酸カルシウムは大きな効果を発揮するでしょう。

それでも、キミエホワイトプラスはサプリメントではなく医薬品の一種なので、胎児や赤ちゃんのことを考えて自分勝手な判断で服用するのは危険です。

「妊娠中や授乳中の女性は控えてください」という説明は公式ホームページではありませんでした。

だからといって勝手に医薬品を服用して良いことにはなりませんし、薬局で市販されている風邪薬や鎮痛剤でも万が一を考慮してかかりつけの医師へと相談しなければなりません。

キミエホワイトプラスを飲んで肌トラブルを未然に防ぐことができたとしても、赤ちゃんが危険に晒されるリスクは少なからずあるので飲む飲まないの判断は専門医に委ねてください。

 - キミエホワイトプラスの飲み方