キミエホワイトプラスと他の医薬品を比較!

      2016/08/22

キミエホワイトプラスと他の医薬品を比較しよう

キミエホワイトプラスと他の医薬品を比較!

シミやそばかすを消す医薬品は現在では数多くのメーカーから販売されており、配合されている成分や得られる効果には違いがあります。

そこで、キミエホワイトプラスと他の医薬品にどのような違いがあるのか以下では比較してみました。

キミエホワイトプラスが優れている部分があれば劣っている部分も少なからずあります。

自分の肌質や目的に合った医薬品を飲んで肌トラブルを対処していくのが大事なので、比較するポイントをチェックしておきましょう。

キミエホワイトプラスとシミトールの比較

シミやそばかすへの効果が認められた医薬品として、シミトールは創業60年以上の信頼ある水橋保寿堂製薬株式会社から販売されています。

キミエホワイトプラスとどのような違いがあるのか以下では大まかに比較してみました。

■2つの共通点

  • どちらも効果と効能が認められた第三類医薬品に該当する
  • シミを薄くしたりコラーゲンを生成したりするアスコルビン酸(ビタミンC)が含まれている
  • 決められた量の錠剤やカプセルを毎日服用するだけで良い

■成分の違い

キミエホワイトプラス

  • 黒色メラニンの生成を抑制して排出するL-システインが上限の240㎎も含まれている
  • 肌の新陳代謝を促して肌トラブルに効果がプラスとなるパントテン酸カルシウムが含まれている

シミトール

  • ビタミンB5としての効果を持つアスコルビン酸カルシウムが含まれている
  • 成長と再生を担うビタミンB2の脂溶性を高めたリボフラビン酪酸エステルが含まれている

■料金の違い

キミエホワイトプラス:初回限定特別価格で1ヵ月分が1,900円
シミトール:初回限定価格で30日分が980円

初回限定価格という点に着目してみると、シミトールの方がお求めやすい料金で購入できます。

■キミエホワイトプラスとシミトールのどちらが良い?

キミエホワイトプラスもシミトールも同じ第三類医薬品に分類され、サプリメントなどの健康食品とは大きく異なります。

医学的に効果や効能が認められている点では一緒ですが、両者を比較してみるとシミトールはただのビタミン剤なのでシミやそばかすを防ぐ作用が弱いのです。

その点、キミエホワイトプラスにはビタミン類だけではなく、内側から色素沈着に効き目のあるL-システインが240㎎も配合されています。

毎日の食生活で不足しやすいビタミンを補給したい人⇒シミトール
加齢によって引き起こされるシミやそばかすを消したい人⇒キミエホワイトプラス

このように、肌トラブルの改善に焦点を当てるのならばシミトールよりもキミエホワイトプラスの方がおすすめです。

30日分が980円と格安の価格で販売されているのは嬉しいポイントですが、大きな効果を得たいのならば医薬品有効成分が含まれたキミエホワイトプラスを飲んでみてください。

キミエホワイトプラスとハイチオールCプラスの比較

キミエホワイトプラスと同じようにシミやそばかす対策として女性から高い支持を得ているのがハイチオールCプラスです。

エスエス製薬という有名なメーカーから製造されていて、大手が作った医薬品という安心感もあります。

以下では、キミエホワイトプラスとハイチオールCプラスにどんな違いがあるのか比較してみたので一度チェックしておきましょう。

■2つの共通点

  • 第3類医薬品に該当する薬なので効果や効能を記載できないサプリメントとは異なる
  • 過剰に生成されたメラニン色素を排出して無色化するL-システインが含まれている
  • 肌細胞の新陳代謝を正常化させて回復を促すパントテン酸カルシウムが含まれている
  • シミやそばかすを内側から改善へと導くアスコルビン酸(ビタミンC)が配合されている

■成分の違い

キミエホワイトプラスとハイチオールCプラスには成分に関して大きな違いはありません。

医薬品有効成分のL-システインやパントテン酸カルシウムなど配合されている成分はほとんど一緒と言っても過言ではなく、含有されている添加物も似ています。

そのため、どちらの医薬品でもシミやそばかすの対策に繋がり、二日酔いや倦怠感といった症状にも効き目があるのです。

■料金の違い

キミエホワイトプラス:初回限定特別価格で1ヵ月分(93錠)が1,900円、2回目以降は4,200円
ハイチオールCプラス:60錠で1,620円、180錠で4,536円

料金に関しても大きな違いはありませんが、キミエホワイトプラスは1日に3錠なのに対して、ハイチオールCプラスは6錠となっています。

1錠当たりのコストパフォーマンスで比較してみるとキミエホワイトプラスに分があり、1粒の中に有効成分を濃縮させているのです。

■キミエホワイトプラスとハイチオールCプラスのどちらが良い?

配合されている成分や得られる効能に関してはほとんど一緒なので、キミエホワイトプラスを飲むのかハイチオールCプラスを飲むのか個人の好みで決めるのが良いかもしれません。

毎日の食事では摂取しにくいL-システインは240㎎も摂取できますし、続けやすい価格設定となっているのもありがたいポイントの一つです。

大きな違いを挙げるとすれば、2つの医薬品は購入方法が異なります。

キミエホワイトプラス⇒公式ホームページからしか注文できない
ハイチオールCプラス⇒ネット販売だけではなく薬局などの実店舗でも取り扱っている

インターネット通販に慣れておらず、実際に医薬品を手に取ってから購入しようか決めたい人はハイチオールCプラスの方が良いでしょう。

キミエホワイトプラスとロスミンローヤルの比較

肌トラブルに効き目のある医薬品として、キミエホワイトプラスとロスミンローヤルが口コミで人気を得ています。

シミやそばかす、シワといった老化を促す症状で悩んでいる女性から高い支持を得ており、医薬品を服用して身体の内側から改善を図れるのです。

以下では、キミエホワイトプラスとロスミンローヤルを比較するために共通点と相違点をまとめてみました。

■2つの共通点

  • どちらも第三類医薬品に分類されるのでサプリメントよりも大きな効果が期待できる
  • メラニン色素を排出するアミノ酸の一種のL-システインが含まれている(キミエホワイトプラスの方が配合量が多い)
  • 肌トラブルをサポートするアスコルビン酸(ビタミンC)やパントテン酸カルシウムが配合されている

■2つの相違点

上記でご説明した「L-システイン」「アスコルビン酸」「パントテン酸カルシウム」の3種類はどちらの医薬品にも含まれています。

しかし、両者を比較してみるとロスミンローヤルには他の生薬成分も豊富に入っており、代表的な成分を以下では幾つか挙げてみました。

ローヤルゼリー:ミツバチから抽出される栄養素でサプリメントにも含まれている
ブクリョウ:胃腸機能を整えて食欲不振の状態を改善する
シャクヤクエキス:高い消炎作用で皮膚の炎症を抑えて血行促進も期待できる
ソウジュツエキス:漢方薬に用いられている生薬で利尿作用や鎮静作用を持つ
トウキエキス:抗炎症作用や抗アレルギー作用を持ち、育毛剤の中に含まれていることが多い

配合されている有効成分の多さがロスミンローヤルの最大の特徴と言っても過言ではなく、トータルで22種類とバランスを重視しています。

累計で20万箱を突破した人気の医薬品ですが、通常価格は30日分で7,600円と少々高めに設定されているのがロスミンローヤルのデメリットです。

シミやそばかす対策に効き目のある同じ医薬品のキミエホワイトプラスは初回限定で1,900円、通常価格が4,200円とコスパが良くなっています。

■キミエホワイトプラスとロスミンローヤルのどちらが良い?

2種類の医薬品を比較してみて、どのような基準で選べば良いのか以下では大まかな目安を挙げてみました。

キミエホワイトプラス:コスパを重視して肌トラブルを改善へと導きたい
ロスミンローヤル:とにかく有効成分の多さを重視したい

どちらも見た目年齢を下げるサポートをしてくれますが、コスパを重視するのか有効成分を重視するのかで選び方は異なります。

また、シミやそばかすだけではなく、目尻や眉間の小じわ対策も同時に考えている女性にはロスミンローヤルがおすすめです。

小じわへの効能が認められた唯一の医薬品とロスミンローヤルの公式ホームページでは記載されており、キミエホワイトプラスではなくこの製品を飲むのも選択肢の一つかもしれません。

キミエホワイトプラスとピルの比較

経口避妊薬としてピルを産婦人科で処方してもらっている女性は多く、女性自身が服用して避妊できるのでコンドームとは大きく異なります。

低用量ピルに関しては副作用のリスクが低いですし、生理を止めて体内のホルモンバランスを整えて月経前症候群(PMS)の症状を緩和する効果も得られるのです。

シミやそばかすを対策するに当たり、キミエホワイトプラスとピルのどちらが良いのか悩んでいる方は多いでしょう。

しかし、2種類の医薬品を比較してみて、ピルの服用はシミの対策どころか逆に増える原因となるので注意しなければなりません。

  1. 低用量ピルや中用量ピルを医師の指示に従って服用する
  2. エストロゲンとプロゲステロンの女性ホルモンのバランスが崩れる
  3. メラニン色素の生成を促す物質が慢性的に発生する
  4. 茶褐色のシミが目尻や頬に発生する(肝斑)

ピルの服用によるシミは肝斑と呼ばれており、30代以降の女性に発生しやすい特徴があります。

肌トラブルが逆に加速するケースも多く、あくまでも経口避妊薬や月経前症候群(PMS)の改善が目的なのでキミエホワイトプラスと比較することはできないのです。

シミやそばかすの対策としてピルは適さないので、肌トラブルの解消が目的で開発されたキミエホワイトプラスを選んでみてください。

 - キミエホワイトプラスについて