シミやそばかすを消す方法

      2016/08/22

シミやそばかすが肌へと形成される原因やメカニズム

シミやそばかすを消す方法

女性を悩ませる要因の一つが肌へと形成されるシミやそばかすで、どのようなメカニズムで引き起こされるのか疑問を抱えている方はいます。

シミ⇒加齢による老化現象や太陽の紫外線が原因で20代後半から見られる
そばかす⇒比較的若い年齢から現れることが多く、頬や鼻の色素沈着を指す

上記のような違いがあるものの、どちらの肌トラブルもメラニン色素が深く関わっている点では一緒です。

  1. 私たちの肌の表皮には角化細胞ケラチノサイトが存在している
  2. 紫外線など外部の刺激から守るためにメラノサイトにメラニン色素を出す指令を送る
  3. 酵素のチロシナーゼとの合成で黒色の真性メラニンへと変化する
  4. 年齢を重ねると肌の生まれ変わりであるターンオーバーが上手くいかなくなる
  5. メラニン色素が肌へと沈着してシミやそばかすが形成される

このようなメカニズムで形成されて美容を損ねる形となり、毎日の生活習慣にも関係性があるので注意しなければなりません。

不規則な生活でホルモンバランスが崩れていたり、ストレスで新陳代謝が悪くなったりしているとメラニン色素が沈着しやすくなるのです。

シミやそばかすを消す効果的な方法

このページでは、肌トラブルで悩む女性のためにシミやそばかすを消す効果的な方法を幾つかご紹介しています。

時間をかけてゆっくりと沈着していくので消す際にも時間がかかりますが、どうすれば美肌を維持できるのかチェックしておきましょう。

医薬品を使って消す

洗顔やクレンジングなどスキンケアでは大きな効果は得られないので、シミやそばかすは医薬品を使って消すのが適しています。

近年ではシミやそばかすを消す飲み薬が登場しており、どのような効果が得られるのかまとめてみました。

  • メラニン色素の排出を促して沈着するのを防ぐ
  • 新陳代謝を促してターンオーバーを正常化させる
  • 皮膚や粘膜を正常に保つサポートを行う

医薬品によって配合されている成分には違いがありますが、上記のような効果を得られる点では一緒です。

外側からの表面的なケアだけでは肌質を変えるのは困難ですし、再発にも繋がりやすいので根本的に消すには身体の内側からシミやそばかすを作らせない対策を行わなければなりません。

その対策として適しているのが飲み薬で、用法や用量を守っていれば副作用で悩まされることなく大きな効果が期待できます。

■医薬品の中でもキミエホワイトプラスがおすすめ!

シミやそばかすを消す医薬品の中でも当サイトでご紹介しているキミエホワイトプラスがおすすめです。

利用者の継続率が80%と非常に高く、富山常備薬の社員がシミやそばかすで悩む自分の母親のために研究して開発したという秘話があります。

キミエホワイトプラスには肌トラブルをサポートするL-システインやパントテン酸カルシウム、アスコルビン酸が含まれており、1日に1錠を3回に渡って飲むだけでバランス良く取り入れられるのです。

  • メラニン色素の沈着を防ぐ
  • シミを薄くする
  • メラニン色素を排出する
  • 新陳代謝を促して肌を整える

このような効果を得られる飲み薬なので、日々のスキンケアで改善できないという女性はキミエホワイトプラスを試してみてください。

化粧品を使って消す

シミやそばかすを薄くする化粧品を使用するのも効果的な方法となっています。

「身体の内側から」「身体の外側から」という2つの視点から長期的に対策を行うことにより、美容を損ねるシミやそばかすを少しずつ消せるのです。

化粧品の中でも美白成分や保湿成分が含まれた製品が適しており、専用の化粧水や美容液は様々なメーカーから登場しています。

以下では、どのような美容成分が含まれた化粧品を使えば良いのか目安を幾つか挙げてみました。

ビタミンC誘導体:チロシナーゼの活性を抑えてメラニン色素を抑制する
ハイドロキノン:酸化を抑えて美白効果が得られるポピュラーな成分
アルブチン:比較的低刺激な成分でメラニンの還元作用を持っている
ルシノール:メラニン色素が酸化するのをブロックしてシミを薄くする
プラセンタ:肌を老化させる活性酸素を抑えたりターンオーバーの周期を整えたりする
リノール酸:オリーブオイルやベニバナ油に含まれていてメラニンが作られるのを防ぐ
トラネキサム酸:高い抗炎症作用によってメラノサイトの活性化を抑える

これらの成分が含まれた化粧品で美白ケアを根気良く行うことにより、既に形成されたシミやそばかすでも少しずつ薄くできます。

毎日のスキンケアは乾燥などのトラブルを防ぐためにも欠かせない存在なので、自分の肌質に合った化粧品を見つけましょう。

■年齢によって適した化粧品は異なる

一口にシミやそばかすの対策と言っても、年齢によって適した化粧品は以下のように違いがあります。

  • 20代の女性には美白と同時に保湿ケアが可能な化粧品がおすすめ
  • 30代の女性には成分がダイレクトに肌へと浸透する化粧品がおすすめ
  • 40代の女性にはシミやくすみの対策も同時にできる化粧品がおすすめ

20代の女性はシミを予防するスキンケア、40代以降の女性は既に形成されたシミを改善するスキンケアが大事なのです。

化粧品によって添加物にも違いがあり、お試しパックやサンプルを利用して毎日使用できるものを探してみてください。

食べ物で薄くする

食べ物でシミやそばかすを完全に消すのは難しいとしても、未然に予防したり薄くしたりという効果は得られます。

上記でも肌トラブルを未然に防ぐ飲み薬のキミエホワイトプラスをご紹介しましたし、スキンケアだけではなく身体の内側からの対策も大事なのです。

以下では、どのような食べ物を積極的に食べれば良いのか幾つか挙げてみました。

■ビタミンCを含む食べ物

シミやそばかすを消す方法

美肌作りに欠かせない栄養素がビタミンCで、ブロッコリーやピーマン、イチゴやレモンといった食べ物の中に含まれています。

ほとんどの緑黄色野菜や果物の中に含まれていると言っても過言ではなく、メラニン色素の沈着を防いで透明感のある肌へと導いてくれるのです。

中でも、ブロッコリーにはベータカロチンやルテイン、葉酸など美容をサポートする栄養素が多く、シミやそばかすを薄くするだけではなく健康のためにも毎日の食卓で取り入れましょう。

■ビタミンEを含む食べ物

シミやそばかすを消す方法

若返りのビタミンと言われているのがビタミンEで、アーモンドやひまわり油、トマトやモロヘイヤといった食べ物の中に配合されています。

ビタミンEは高い抗酸化作用を持っており、肌細胞の新陳代謝を活性化させたり紫外線から肌を守ったりとシミやそばかすの改善として最適な栄養素です。

特に、普段から口にすることの多いトマトにはビタミンE以外にも抗酸化力の高いリコピンが豊富で、美肌作りをサポートしてくれます。

特定の栄養素だけを摂取していればシミやそばかすが消えるという単純な話ではありませんが、乱れた食生活が引き金となって肌トラブルの悪化に繋がることも多いので十分に注意してください。

 - お肌のトラブル解決法