キミエホワイトプラスの口コミまとめ

キミワホワイトプラスを使ってみた感想をレビューします!

テレビのコマーシャルで見掛けたキミエホワイトプラスが気になり、実際に使ってみた感想をここではレビューしていきたいと思います。

キミエホワイトプラスの口コミまとめ

とりあえず人気の製品から片っ端に飲んでみた

以前からシミやそばかすが頬辺りに形成され始め、どうにかしたいと考えて様々な製品を試してきました。

  • シミや小じわに効き目があるロスミンローヤル
  • 身体の新陳代謝を助けるハイチオールCプラス
  • 活性酸素によるシミやそばかすを内側から緩和するシミトール
  • ビタミンCを身体の内側から補給できるハクビCホワイト
  • ニキビや湿疹など肌トラブルにも効果が期待できるキミエホワイトプラス

長く続けなければ変化を得られないことは分かっていますが、「シミに効く!」「美白に良い!」という宣伝文句を聞くと様々なサプリメントや医薬品に目移りしてしまいます。

数日間で「効果なし」「効かない」「意味がない」とは判断できないものの、自分の体質に合うものを見つけるために片っ端から飲むのは良いかもしれません。

本当にいい製品はキミエホワイトプラスだった

どれも1ヶ月間以上に渡って飲み続け、本当にいい製品だと個人的に思ったのがキミエホワイトプラスでした。

キミエホワイトプラス

キミエホワイトプラスには訳の分からない成分をたくさん詰め込むのではなく、肌に良い「L-システイン」「パントテン酸カルシウム」「アスコルビン酸」に絞っています。

肌の生まれ変わりであるターンオーバーを助けてくれるからなのか、少しずつ茶色くポツポツと形成されたシミが薄くなっていったのです。

流石はサプリメントではなく第3類医薬品ということでしょうか。

パワーアップしてL-システインの配合量が多くなったのはとても嬉しいことですし、1,900円の初回限定半額キャンペーンが行われているので手が出しやすくなっています。

送料などを考慮しなければ1日当たり60円と非常に安く、1日に3錠を3回に分けて飲むだけなので簡単です。

  • 水や白湯と一緒に飲むだけで良い
  • 体内濃度を安定させるために同じ時間に飲む
  • アルコールとは併用しない(併用禁忌薬ではない)

このような点に気を配るだけですし、キミエホワイトプラスは想像以上に小さな粒だったので飲みやすいと感じました。

粉末ではないので全く苦みはなく、臭いも気にならないので消費者のことを考えて製造していることが分かります。

キミエホワイトプラスだけに頼らずにスキンケアにも気を配った方が良い

キミエホワイトプラスのお陰で加齢による肌トラブルの進行を防げたような気がしました。

シミが拡大したり増えたりすることはなく、毎日鏡の前で自分の肌をチェックするのが楽しいのです。

私と同じようなレビューを残している方も多いですし、副作用のリスクもないので安心です(私は全く体調の変化はありませんでした)。

キミエホワイトプラス

しかし、キミエホワイトプラスだけに頼るのではなく、シミやそばかすを防ぎたいのならば同時に外側からのスキンケアも行った方が良い気がします。

  • 保湿成分のセラミドや美白成分のビタミンC誘導体が含まれた美容液を使う
  • 添加物や着色料の入っていない天然成分で構成されたスキンケア用品を使用する
  • 正しいクレンジングと洗顔によって肌に汚れが残らないようにする
  • 皮膚細胞の変化を防ぐために日差しの強い夏場は特に念入りにUV対策を行う
  • 肌の表面の角質を取り除く過度のピーリングはできる限り控える

このような対策を同時に行っていたからこそキミエホワイトプラスの効果を最大限に引き出せ、老化によるシミやそばかすが薄くなって顔全体の印象が良くなったのかもしれません。

私は出産を機に老け込むスピードが速くなり、一時期は医療機関でのレーザー治療も考えました。

15年前に導入されたQスイッチルビーレーザーから進化を遂げ、現在では最新式のレブライトでメラニンを直接光線で破壊できます。

しかし、得られる効果が高い代わりに、「逆にシミが悪化する」「保険適用外なので高額の費用を支払わなければならない」「紫外線を浴びた後に痛みが出る」というリスクがあるのです。

そのため、まずは安全性の高い第3類医薬品のキミエホワイトプラスから試してみてはいかがでしょうか。

焦って美容皮膚科や美容クリニックで施術を受けても意味がないので、キミエホワイトプラスを飲んでみてからでも遅くはありません。

新成分の配合で日常生活における全身倦怠感といった症状にも効き目があり、シミやそばかすを気にしない男性も一度試してみてください。

ネット上のキミエワホイトプラスの評価はどうなの?

以下ではインターネット上でキミエホワイトプラスがどのような評価を得ているのか簡単にまとめてみました。

私の感想やレビューだけではなく、他の人の意見も参考にしてキミエホワイトプラスを使うのか別の医薬品に頼るのか考えてみましょう。

ブログからの評価

個人のブログでキミエホワイトプラスがどんな評価を得ているのか箇条書きでまとめてみます。

  • 1回当たりの服用量が半分になって毎日飲みやすくなった
  • ニコチン酸アミドとリボフラビンがなくなったからリニューアル前よりもパワーダウンしたのでは?
  • しっかりとシミを隠すためにメイクを厚塗りしなくて済むようになった

確かに、個人的にも服用量が半分になったのは良い改善点だと思いました。

1回1錠で良いのは楽ですし、1粒が小さいので喉につかえる心配はありません。

メイクを厚塗りしなくて済むようになったのは私も同じで、軽くファンデーションやコンシーラーを塗るくらいでカモフラージュできます。

レーザー治療とは違ってシミを完全に消せるわけではありませんし、毎日のメイクが必須なのは一緒です。

パワーダウンに関しては否めないものの、代わりに肌のハリを維持するコラーゲンの生成を促したりエネルギー産生をスムーズにしたりするL-システインの量が1.5倍になったのであまり気にしません。

アットコスメからの評価

次にアットコスメで記載されているキミエホワイトプラスの評価を見ていきましょう。

  • ニキビやそばかすができやすい体質でしたが今ではすっかり引いています
  • 正常値だった肝機能が健康診断で異常値が出てしまい、キミエホワイトプラスのせいなのではないかと思った
  • 1年間以上に渡って飲んでも変化がないので解約の電話を入れるつもりです
  • 腸内環境が改善されたからなのか便臭が和らいだような気がした
  • 第3類医薬品ということを考慮すれば可もなく不可もなくという印象です
  • 肌のキメが整っているような感覚はなく、「あまり変わらないのではないか?」というのが率直な感想です
  • 涙袋周辺にあるそばかすは少しずつ薄くなってきた

アットコスメでは☆0個の意見があれば、MAXの☆7個という評価まで様々でした。

「病気になった」という口コミは嘘くさい気がしますが、100%効き目があると期待して飲むと裏切られる可能性はあります。

2chのスレッドからの評価

あまり参考にならないかもしれませんが、様々な情報を得たい方のために2chのスレッドの評価も以下ではまとめてみました。

  • キミエホワイトプラスって高いだけじゃね?
  • L-システイン飲むならハイチオールCの方が多いよ
  • 社長から滲み出る無能感は半端ない
  • CMがあまりにも胡散臭いんだよな~
  • 最初は怪しいって思ったけど多少の変化はあるかも

2chのスレッドだけあって酷評も中にはあり、キミエホワイトプラスを飲もうと考えている方は戸惑ってしまうかもしれません。

とは言え、人気のサプリメントや医薬品にはアンチがつきものですし、この点に関してはキミエホワイトプラスに限った話ではないのです。

2chの書き込みや口コミの評判を総合的に判断し、本当に自分が飲むべき価値があるのか冷静に考えてみるのが良いと思います。

気になる噂(悪評・苦情)

このページでは悪評や苦情、クレームなどキミエホワイトプラスの気になる噂を幾つかまとめてみました。

  • サイトで登場するモデルさんの肌が光り過ぎていて怪しい
  • 何回もDMが送られてきたり勧誘の電話がかかってきたりした
  • L-システインを80㎎増やす代わりに2つの成分がリニューアル前と比較して失われた
  • 配合されている成分に関してコレといった決め手がない
  • 安いのは初回だけで2回目以降は全くお得感がない
  • テレビショッピングを見て購入したが目に見える効果が感じられないし真相は分からない

上記のような噂が飛び交っており、10人が飲んで10人が高評価を残しているわけではなさそうです。

特に、勧誘やセールスが酷いという苦情が多く、購入する気が無いのならば面倒かもしれません。

そんな時はフリーダイヤルへと電話するのではなく、オンライン上で購入するのが適しています。

DMが送られてくるとしても、携帯電話のメールアドレスではなくYahoo!メールやGmailといったフリーメールを使えば問題ないでしょう。

キミエホワイトプラスにはどんな効果がある?

キミエホワイトプラス

第3類医薬品のキミエホワイトプラスにどのような効果があるのか、飲む前に知りたいと考えるのは普通です。

サプリメントにしても医薬品にしてもお金がかかりますし、効果を一切期待せずに飲み始める方はいません。

そこで、以下では期待できる効果を幾つかご紹介しているので、キミエホワイトプラスがどのような錠剤なのか把握しておきましょう。

シミやそばかすを緩和できる

キミエホワイトプラスの最大の効果はシミやそばかすの緩和です。

シミ⇒紫外線によるダメージや炎症によるニキビ跡など後天的な要因で引き起こされる
そばかす⇒多くは遺伝が関わっていて正式名称は雀卵斑(じゃくらんはん)

上記のような違いがありますが、どちらの肌トラブルも個人の体質によって形成されやすいか決まり、見た目のイメージを悪くして老け顔になる大きな原因となります。

この緩和効果を得られるのが第3類医薬品のキミエホワイトプラスで、L-システインと呼ばれるアミノ酸の一種が含まれているからです。

  1. L-システインの摂取によって太陽の紫外線の刺激で作られるメラニン色素の生成を予防する
  2. ビタミンCと合わさって黒色メラニンの生成が抑えられる
  3. 肌の生まれ変わりを助けて代謝を正常化させる効果で黒色メラニンの排出を促す
  4. 皮膚の粘膜の機能を正常に保ってシミやそばかすが軽減する

上記のようなメカニズムで美肌効果が得られ、キミエホワイトプラスが注目を集めている理由となっています。

L-システインは肉類や青魚に含まれる必須アミノ酸のメチオニンの摂取で体内の合成量を増やせるものの、多量の摂取は難しく欠乏状態に陥りやすいのでキミエホワイトプラスが助けとなるのです。

ビタミンCと一緒に摂取するとメラニンの生成をより抑えられるので、毎日の食生活の中で果物や緑黄色野菜を意識して食べるようにしましょう。

大人ニキビを予防できる

10代の思春期だけではなく20代や30代の大人も悩まされる肌トラブルがニキビで、「ふと気付いた時に形成されていた」というケースも少なくありません。

ニキビを治すに当たって正しい洗顔で肌のバリア機能を整えるのが良いと言われていますが、実はキミエホワイトプラスの摂取も効果的です。

それはビタミンB群の一種であるパントテン酸カルシウムが配合されているからで、どのような作用が得られる成分なのかまとめてみました。

  • 皮膚から分泌される皮脂の量をコントロールする
  • 肌の生まれ変わりである新陳代謝を促す
  • 免疫力をアップさせて肌トラブルが引き起こされにくい状態を作る

皮脂の分泌量を抑えて代謝を促すという作用が大きく、ニキビの原因は過剰な皮脂や古くなった角質が毛穴の中に詰まることなので効き目がある理由はお分かり頂けるはずです。

ハイドロキノンクリームのように既に形成されたニキビ跡を消すのは難しくても、プツプツと顔の目立つ部分に形成されるニキビができにくい体質を維持できます。

湿疹やかぶれなどの皮膚のトラブルを予防できる

キミエホワイトプラスの公式ホームページでは、湿疹やかぶれなどの皮膚トラブルにもプラスの効果が得られると記載されていました。

蕁麻疹にも効き目があり、ニキビと同じように肌の新陳代謝を良くするパントテン酸カルシウムが24mgも配合されているからです。

私たちの肌の生まれ変わりのサイクルは大よそ28日間程度と言われており、キミエホワイトプラスを飲み続けることで少しずつ身体の内側から正常化させられます。

しかし、湿疹と一口に言っても以下のように様々な種類やタイプに分けられるので注意が必要です。

接触性皮膚炎:洗剤や金属の接触で痒みや発疹が生じる
内因性湿疹:免疫力の低下や遺伝によって引き起こされる
皮脂欠乏性湿疹:肌が乾燥して角質が剥がれているのが原因
脂漏性湿疹:皮脂の過剰分泌が原因で肌に形成されやすい
ビダール苔癬:肌が灰色になって強いかゆみを伴う

全ての湿疹や発疹に効き目があり、キミエホワイトプラスを飲んでいれば治療に繋がるというわけではないので、日々の刺激で症状が悪化する前に皮膚科を受診してください。

毛穴の黒ずみを予防できる

毛穴の黒ずみで悩んでいる女性は多く、鼻や脇の下といった部位にできやすくなっています。

見た目のイメージが悪くなる黒ずみを予防できる医薬品がキミエホワイトプラスで、以下のような口コミがありました。

  • 肌の黒ずみが以前よりも薄くなった
  • 顔全体のくすみがなくなって肌がワントーン明るくなった
  • 美白効果で身体の内側から黒ずみケアができる

黒ずみの原因としては古くなった肌の角質や皮脂が毛穴の中に詰まったり、肌へのダメージが増えてメラノサイトから分泌されるメラニン色素が増えたりと様々です。

個人の体質によって異なるものの、キミエホワイトプラスの摂取で代謝を促して毛穴汚れを排出してくれるからこそ黒ずみの予防にも繋がります。

根本的に消す作用はなくても、身体の内側から肌トラブルをカバーできるのは事実なのでコンプレックスの解消のために飲んでみるのは選択肢の一つです。

アトピーには効果なし?

アレルギー症状を引き起こしやすい体質の人が発症し、皮膚がジュクジュクとしたり強い痒みを伴ったりする病気をアトピー性皮膚炎と呼びます。

キミエホワイトプラスはありとあらゆる肌トラブルに効き目があるということで、アトピー性皮膚炎の緩和にも繋がるのではないかと考えるかもしれません。

  • アトピー後の色素沈着が薄くなってきた
  • 肌のトーンが上がったような気がする
  • 肌のカサカサが以前よりも解消された

このような口コミや評判を得ているので効果なしとは言い切れないものの、ステロイド剤のような強力な作用は得られないと心得ておくべきです。

あくまでもキミエホワイトプラスはサポート的な存在ですし、アトピーの治療は医師の指示に従って塗り薬を塗布したり生活習慣の見直しを図ったりしましょう。

足やまぶたなどのむくみには効かない?

様々な肌トラブルを改善へと導いてくれる錠剤がキミエホワイトプラスですが、公式ホームページでは足やまぶたのむくみに効くとは記載されていませんでした。

そもそも、むくみとは皮膚の下で過剰に水分が溜まって間質液のバランスが崩れることが原因で、皮下組織が少ない足やまぶたはできやすい場所の一つです。

むくみを解消する成分としてどのようなものがあるのか幾つか例を挙げてみました。

カリウム:穀類や葉類に含まれていて余分な塩分を排出する
シトルリン:瓜科の食品に含まれていて余分な水分を排出する利尿作用が高い
ポリフェノール:高い抗酸化作用によって血液をサラサラにする

これらの成分は残念ながらキミエホワイトプラスには含まれておらず、解消には繋がらないかもしれません。

とは言え、肌の代謝を促して良好な状態で保つサポートはしてくれますし、「絶対に効かない」とは言い切れないので効果や効能が認められた医薬品のキミエホワイトプラスはおすすめです。

キミエホワイトプラスに副作用があるのかどうか不安を抱えている方へ

「シミやそばかすを医薬品で消したいけれど副作用が不安・・・」という考えている女性はたくさんいます。

どんなに肌トラブルに効果的だったとしても副作用で不快な症状が引き起こされては意味がありません。

基本的にキミエホワイトプラスは穏やかな作用が期待できるので重篤な副作用のリスクはありませんが、医薬品である以上は何かしらの弊害はあります。

そこで、実際に服用する前にどのような健康被害のリスクがあるのかきちんと心得ておきましょう。

肌に引き起こされる湿疹

キミエホワイトプラスの公式サイトのQ&Aでは湿疹が出た時の対処について書かれていました。

服用して湿疹が出た場合はどうすれば良いですか? 服用を中止して湿疹が引くのを待ってください

キミエホワイトプラスの中には人体に有害な物質は含まれていないものの、カプセルタイプの医薬品なのでセルロースやトウモロコシデンプン、ステアリン酸マグネシウムといった添加物が含まれています。

その添加物が体質的に合わない可能性は十分にあり、アレルギー症状を引き起こしたら直ぐに服用を中止しましょう。

一向に症状が回復しないのならば薬剤師や医師へと相談して、どう対処すれば良いのか正しい方法を伺ってみてください。

過剰摂取による吐き気や嘔吐

1日に3粒という目安摂取量を守っていれば、キミエホワイトプラスを飲んで吐き気や嘔吐のような副作用が引き起こされることはありません。

しかし、「少しでも早くシミを消したい」「飲む量に比例して効果が出る」と考えて過剰摂取していると、思わぬトラブルに繋がります。

口コミではキミエホワイトプラスの効果が実感できず、目安を超えた量を毎日飲んで頭痛や腹痛で悩まされたという意見がありました。

キミエホワイトプラスは数日間でシミやそばかすを消すような特効薬ではなく、2ヵ月から3ヵ月に渡ってゆっくりと服用して改善していく必要があると公式ホームページでも説明されています。

他の飲み薬にも同じことが言えるので、副作用のリスクを避けるためにも過剰摂取には注意しましょう。

めまいや下痢は起こる?

キミエホワイトプラスは身体に負担の加わる医薬品ではないので、めまいや下痢といった副作用のリスクは低くなっています。

それでも、ドラッグストアで市販されているメジャーどころの風邪薬や頭痛薬でも何かしらの副作用はあるのです。

期待できる効能の主作用と本来の目的以外の副作用があり、重篤な症状への移行を未然に予防するために正しい飲み方を心掛けなければなりません。

個人の体質によってはめまいや下痢に繋がる恐れはあるので、持病を持っている方や病気の治療をしている方はキミエホワイトプラスを飲み始める前にかかりつけの医師に相談してみるべきです。

白髪は増える?

キミエホワイトプラスに限らず、ロスミンローヤルといった医薬品にも該当しますが白髪が増えたという意見が出ています。

恐らく、メラニン色素を排出してシミを薄くするL-システインが有効成分として含まれているのが原因で、「肌トラブルが改善されても白髪が増えて老けてしまったら意味がない」と考えるかもしれません。

個人の体質や髪質によって異なるので一概には説明できないものの、L-システインと白髪に因果関係があるという科学的根拠はないので安心してください。

キミエホワイトプラスやロスミンローヤルを服用して一気に白髪が増えることはなく、あくまでも加齢による自然現象の一つとなっています。

公式サイトやパッケージの副作用の項目で「白髪」とは記載されていませんし、バランスの良い食生活を毎日送ったり睡眠不足を解消したりすれば予防は可能です。

まとめ

このページではキミエホワイトプラスの口コミや効果、副作用について詳しくまとめました。

どのような効果が得られるのか、どんな変化を実感できるのか確かめるために口コミの評判をチェックするのは選択肢の一つです。

自分と同じ症状で悩んでいる方の意見を参考にして、どの医薬品を飲むのか比較してみるのも良いでしょう。

また、サプリメントとは異なり、第3類医薬品を飲んでいるという自覚が必要となります。

安全性が高くて穏やかな作用が得られるキミエホワイトプラスでも副作用が100%ないとは言い切れず、悪影響のリスクは少なからずあるのです。

しかし、病院で医師から処方される医薬品と比べて副作用のリスクは低いですし、シミやそばかすへの効果が認められた製品なので正しい飲み方でキミエホワイトプラスを続けてみてください。

おすすめの記事

キミエホワイトプラスの口コミまとめ 1
キミエホワイトプラスの口コミまとめ

キミワホワイトプラスを使ってみた感想をレビューします! テレビのコマーシャルで見 ...

キミエホワイトプラスを注文するために…購入方法や解約方法をチェック! 2
キミエホワイトプラスを注文するために…購入方法や解約方法をチェック!

キミエホワイトプラスの購入場所!販売店や取扱店はどこ? シミなどの肌トラブルに効 ...

キミエホワイトプラスの安全性…全成分を徹底解説します! 3
キミエホワイトプラスの安全性…全成分を徹底解説します!

キミエホワイトプラスは第三類医薬品 身体の内側から飲んでシミやそばかす、ニキビや ...

公開日:
最終更新日:2016/08/06